導入企業

株式会社リンクアンドモチベーション(LMI)

社員規模:150名(2004年導入時)
業種:コンサルティング
導入システム:Rosic人材マネジメントシステム
ウェブサイト:http://www.lmi.ne.jp/

導入の背景

株式会社リンクアンドモチベーション(以下、LMIと表記)の特徴として、
下記3つが挙げられます。

(1)世の中の3カ月を1年とみなす時間観
(2)人に担保された成果主義
(3)即時決算(昇格・降格)(注:この部分の考え方は2004年当時のものとなります。2011年現在は長期的な視野が組み込まれた形のルール・運用となっています)

(1)は文字通り、通常の4倍のスピードでビジネスを進めていくということ。(2)は、成果主義が機能するためには管理職の質がカギを握るという強い自覚とその実現に対する決意。(3)は、結果を出せばすぐに報酬を上げるし、逆であれば降格があるという、明確な評価システムです。会社の規模が150名を超えた頃から、こうしたスピード感や、人に対する考え方、ドラスティックな人材マネジメントを行うためには、きっちりとしたデータベースが必要だと感じるようになったのが人事へのシステム導入のきっかけです。

導入の決め手

人事情報システムの選定にあたって求めた要件は以下の3つでした。

(1)LMI の独自のやり方に対応できること
(2)LMI のスピード感に対応できること
(3)戦略人事について会話ができる会社であること


しかし、そうした要件に対応した人事情報システムはなかなか見つかりませんでした。大半の人事情報システムは、本質をつきつめて話をしていくと、給与計算と申請管理のシステムだったからです。一方Rosic人材マネジメントシステムは、給与計算等の機能を敢えて取り入れず、「人材データベース」とその活用を目指したもので、3つの要件を満たしていました。

導入後の効果

基本的な人事項目はもちろん、LMI独自の項目も思う通りに管理できるようになりました。4か月に1回発生する組織変更や人事異動情報も、問題なく格納することができ、業務の効率化がアップしました。
また、データの整備ができたところで、写真でひとりひとりのキャリアがわかる、「キャリアシート」を導入しました。散在しがちだった人材データを一目で把握できるようになり、人材のマネジメントには強力なツールとなります。そのためにデータの管理方法は変更することなく、システムでアップデートされた情報は即時に反映されますので余計な工数もかからないこともメリットです。
また「ワークボード機能」を活用して、面談等で発生する様々な定性情報を積極的にシステムに取り込み始めています。そうした情報は、現場のマネジメントや育成・配置計画の際に貴重なリソースとなっています。

今後の展開

今後は、経営層に必要とされるデータを直接取り出せるようなインフラを整え、タイムリーに人材情報を活用しながらマネジメントができる環境を整えていきたいと思っています。また、営業成績情報なども取り込んでいくことで、更に現場のマネジメントに役立つシステムに成長させていきたいと思います。

導入企業リストはこちら

資料請求・ダウンロードのページへ