活用例

経営・トップマネジメント支援

課題:継続的な後継者育成を行いたい
企業にとって「成功している人材」とは?
市場が予想を越えた動きをしていく中で、次世代リーダーに求められる資質も変化していきます。隠れた人材を見逃さない。自社にとって必要な人材とは何かを見極める。組織全体の要員の配置状況を把握する。人材と組織の効果的な見える化の実現が、継続的な後継者育成を行う前提となります。

求められる施策 - Step by Step -

  • Step1 企業ミッションに沿った、コア人材を見出す
  • Step2 次世代後継者候補の発掘と育成
  • Step3 人材リソースマネジメントを計画する

Step1 企業ミッションに沿った、コア人材を見出す

コア人材・ポジションを明確にしたい

会社にとってのコア人材像が、正確なデータに基づいて認識されているわけではない。「成功している人材」「育成したい人材モデル」を明確にする必要がある。
Rosicのソリューション
    • 組織ごとの人材、役職者情報をボタン一つで表示
    • 経営・トップマネジメント用人材マップ
    • 個人のパフォーマンスデータを基にした分析ツールから、コア人材を探す
    • Rosic人事分析モジュール属性分析・相関分析機能を活用
    • 対象者の様々なキャリア履歴を比較検討
    • 経営・トップマネジメント用ワークボード

ページTOP

Step2 次世代後継者候補の発掘と育成

次世代後継者発掘を、再現性があり、
実効性のあるものにしたい

属人的な記憶や断片的な情報に頼るのではなく、データに基づき次世代後継者候補を見つけたい。

次世代候補者を確実に
育成していきたい

明確な計画の下で、後継者を確実に育成していく仕組みが必要。

Rosicのソリューション
    • STEP1で選抜した現行のコア人材モデルと、候補者を比較
    • ワークボードを活用したモデルと候補者の比較
    • スキル、特性、キャリアなどの類似性から、次世代後継者候補を探す
    • 類似検索機能を用い、コア人材と類似した属性を持つ社員を探す
    • コア人材モデルのキャリアを参考にした人材育成プラン作成
      (人事担当者業務)
    • キャリアモデルを作成し、質の高い人材を戦略的に供給できる体制を構築

ページTOP

Step3 人材リソースマネジメントを計画する

中長期計画に対して、必要な
人員が確保できてるか
正確に把握したい

そもそも、組織ごとの有資格者やプロジェクト経験保持者の分布状況が把握できていない。

会社の将来を担う人材を
確実に確保したい

将来のコアポジションに必要なコア人材の過不足を把握し、効果的なリソース計画を立てたい。
Rosicのソリューション
    • 年齢・勤続年数ごとの要員構成の可視化
    • Rosic要員管理・分析モジュール人員構成分析機能を活用
    • 過去~現在の要員構成分析、新規計画
    • Rosic要員管理・分析モジュール構成比較・要員分析機能を活用

ページTOP

課題解決の効果 継続的な後継者育成を実現
継続的な後継者育成を現実化するためには、まず組織にとって重要な人材とは何か、を明確にする必要があります。Rosicエクゼクティブインターフェースの各種機能を活用することで、組織の中で活躍しているコア人材を把握し、次世代のリーダー候補となる人材を見出すことができます。また、Rosic要員管理・分析モジュールを活用して、中長期的な企業組織の要員構成を把握し、コア人材の育成・採用、抜擢人事・ジョブローテーションなどの具体的な人材リソースマネジメント施策を打ち出すことができます。

よくある課題その2へ

「Rosic人材マネジメントシステムシリーズ 活用術」の資料請求はこちらから
資料請求はこちら