失敗例に学ぶ タレントマネジメントシステム

タレントマネジメントシステム導入前に知っておきたいこと
人材情報の活用にいかにシステムを利用するべきか、人事がシステム活用で陥りがちな失敗などの事例を紹介しながら考えて行きます。
※このコラムは、「月刊 人事マネジメント」2013年7月号~12月号に掲載された、
  「失敗例に学ぶ タレントマネジメントシステム」の記事をPDF化したものです。
失敗例に学 ぶタレントマネジメントシステム 一覧
第1回 なぜ人事のIT活用は うまくいかないのか
「タレントマネジメントシステム」に実装されている機能そのものが「タレントマネジメント」と思っていませんか?そのシステムを導入することで、自社の「タレントマネジメント」を実現できると思っていませんか?第1回では、人事がシス...
詳細を見る
第2回 そもそもなぜ「人材データ」が 一元化できていないのか
タレント・人材マネジメントシステム導入を検討する時、どうしても、わかりやすい機能に目を奪われがちです。しかし、どんなに素晴らしい機能があっても、人材データが一元化されていなければ宝の持ち腐れです。そして、その一元化ができ...
詳細を見る
第3回 案外知られていない、 システム選びの落とし穴
「パッケージ製品を導入して、自社の人事戦略をサポートする。」そんな風に考えたことはありませんか。実はここに、大きな落とし穴が隠れています。これから扱うとしているシステムの性質と、サポートしようとする戦略の本質を理解してお...
詳細を見る
第4回 なぜ人材データの「見える化」 「活用」に失敗してしまうのか
人材データを、人材・タレントマネジメントに関わる人たちが「見る」「活用する」価値は、そこから何かを気付き、行動が促されることにあります。自社に蓄積している人材データは、ちゃんとそうした役割を果たしていますか?第4回では、...
詳細を見る
第5回 「古くて新しい問題」を どう扱うのか考える
今、人材マネジメントの世界で、「グローバル化」は避けて通れない課題です。システム導入の際にも重要なポイントのひとつであることは間違いありませんが、それだけに囚われてしまうと、せっかくのシステムが単なる「個人参照機能」程度...
詳細を見る
第6回 人事がビジネスに貢献する ために、ITの力を使う
人事がシステムに投資する究極の目的は、「人事がビジネスに貢献する」ことではないでしょうか。今,人材・タレントマネジメントシステムのベンダーが増えるなか,ますます「機能合戦」の様相を呈してきています。そんなときだからこそ,...
詳細を見る