Rosic人材マネジメントシステムシリーズとは?

人材データベースであり、マネジメントツールであり、BI(Business Intelligence)ツールです。拡張性が高く、各社のニーズに常にフィットするシステムです。

総合的な人材データベースであり続ける

人材データを一元化し続けることは、実は、それほど簡単なことではありません。まず、各種データの履歴管理が必要です。期間を持って保持すべきデータも少なくありません(経年計算が必要なものなど)。そして、それらのデータを任意の基準日で切り取ることが求められます。更に、複雑かつ大きく変化していくビジネスに貢献していくために、これまでは想像しなかったようなデータを求められるようになります。そのため、他のシステムとの連携も視野に入ってきます。更に、これらが単に箱に投げ入れられているような状態では、価値を生み出しません。確実に活用できるように、正しくデータベース化され続けることが求められます。Rosic人材マネジメントシステムは、こうしたハードルを確実に超えるための、システム作りをしています。

実効性のあるマネジメント支援ツールである

人材マネジメントは、各社の戦略に関わる重要なエリアです。パッケージ製品があらかじめ用意しているいくつかのテンプレートをそのまま使うだけで、課題を解決できるという世界ではありません。日々、様々な立場から人のマネジメントと生々しく格闘している人たちが、知的な活動をするために必要な情報をいかに提供できるのか。この点が、人材マネジメントシステムが評価されるべきポイントです。Rosic人材マネジメントシステムは、多くの経験を基に、ベストプラクティスを適用する部分と、各社の戦略に対応するためにオープンにしておくべき部分を的確に切り分けすることで、実効性のあるマネジメント支援ツールとして成長し続けています。

人事のBIである

経営層、現場、人事、それぞれの立場に必要なデータ分析は何か。長年にわたるユーザー様との協働の経験を基に、現実的かつ柔軟に使える分析機能を開発しています。また、本当に分析機能を活用するためには、分析に必要となるデータが、多様な分析に耐えうる形で、正確かつ最新の状態で一元化管理されていることが大前提になります。Rosic人材マネジメントシステムは、単に多彩な分析機能を持っているというだけではなく、人材データの一元化を本当の意味で実現できる仕組みを提供しているからこそ、実効性のあるBIツールであり続けることができます。

Rosicのコンセプト