【「できること」の数ではなく、「できないときに何をどこまでできるのか」を知りたい】
人事をサポートするメールマガジン「適材適所は幸せの素」vol.147
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━www.rosic.jp
インフォテクノスコンサルティング株式会社
VOL.147 2017年2月1日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『適材適所は幸せの素』は「人事が会社と従業員の成功に貢献する」
をサポートするメールマガジンです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お世話になっております。
インフォテクノスコンサルティング株式会社(ITC)の大島です。
メールマガジン『適材適所は幸せの素』第147回をお送りいたします。

◇◆INDEX◆◇ ―――――――――――――――――――――――――

【1】「人材・組織システム研究室」サイトニュース
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<<HR Professionals:人事担当者インタビュー>>

「5大商社の中で社員数が一番少ない伊藤忠商事が勝つための『健康経営』とは」
伊藤忠商事 株式会社
人事・総務部長 兼 人事考査室長 垣見 俊之氏 

<<今月の書籍>>

『ただめしを食べさせる食堂が今日も黒字の理由』
 小林せかい・著

【2】Rosic特別セミナーのご案内
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ■タレントマネジメントシステム導入に失敗しないために■

【人事がシステム活用に成功して成果を出すために、知っておくべきこと】

 2017年2月15日(水)14:30~16:30 大阪・東梅田
 2017年2月16日(木)15:30~17:30 東京・四ツ谷

 詳細:https://www.rosic.jp/event/2016/12/post_29.html

【3】Rosic体験セミナーのご案内
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 <Rosic体験セミナー、毎月開催中>

 2017年2月24日(金)
  午後セッション 16:00~17:30

【4】【できること」の数ではなく、「できないときに、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~何をどこまでできるのか」を知りたい
                ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【5】HRカンファレンス2016秋、「人事がシステム活用に成功して成果を出す
 ~~~~~~~~~~ために、 知っておくべきこと」のレポートが掲載されました。
         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【6】弊社・大島が検討委員を務めた、
 ~~~~~~~~~~『KAIKA Awards 2015』の受賞企業が決定しました。
                           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【7】「人事専門誌が評価する 人材コンサルティング会社ガイド100選」に、
 ~~~~~~~~~~~~~~ITCが選出、インタビューが掲載されました。
            ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【8】『日本人材ニュース』vol.291 に
 ~~~~~~~~~~~~~~~~弊社大島のコメントが掲載されました。
              ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【9】「月刊 人事マネジメント」連載コラム
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「失敗事例から学ぶタレントマネジメントシステム」   

【10】小冊子 ダウンロード
 ~~~~~~~~~~~~~~~~
『Rosic選択にみる タレントマネジメントシステム導入のヒント』のご案内

【11】弊社・Rosic「ロシック」人材マネジメントシステムがメディアに
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~取り上げられています。
                                      ~~~~~~~~~~~~~
【12】小冊子『人事システム導入失敗の法則』のご案内
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【13】小冊子『人事担当者が知っておきたいIT基礎講座』のご案内
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【14】編集後記  「左手」
 ~~~~~~~~~~~~~~~
―――――――――――――――――――――――――――― ◇◆◇◆

このメールは、弊社関連イベント・資料請求等に申込、もしくは弊社社員
と名刺交換していただいた方々にお送りしております。

ご不要の場合には、大変お手数で恐縮ですが、本メールの一番下の解除手
続のリンクをクリックしてください。

メールマガジンのバックナンバーはこちらからお読み頂けます ↓
https://www.rosic.jp/contact/backnumber.php

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【1】「人材・組織システム研究室」サイトニュース
http://www.jinzai-soshiki.com/
_________________________________

● インタビュー「人事担当者インタビュー」 第22回

「5大商社の中で社員数が一番少ない伊藤忠商事が勝つための『健康経営』とは」

伊藤忠商事 株式会社
人事・総務部長 兼 人事考査室長 垣見 俊之氏 

2016年健康経営銘柄に選ばれ、6月に「伊藤忠健康憲章」を発表した伊藤
忠商事・人事・総務部長の垣見氏に、同社の「健康経営」について伺いま
した。

3年前に導入された「朝型勤務」や2018年に予定されている独身寮の建設
など、多くの会社では踏み切るハードルの高い施策もありますが、その根
本にある思想から、学ぶことが多くありました。

本文はこちらから ↓
http://www.jinzai-soshiki.com/jinji/225.html
________________________________

●「今週の書籍」:

『ただめしを食べさせる食堂が今日も黒字の理由』
 小林せかい・著

2015年9月 東京・神保町にある食堂がオープンしました。その名は「未来
食堂」。メニューは一日を通じて、定食一種類だけ。50分のお手伝いで1食
がタダになる。定食で足りなければ、その日ある材料を使って、「好みの一
品」をその場で作ってくれる。飲料は持ち込み自由で、持ち込み料はなし。

それでも、経営は健全に黒字を出している。そんなユニークな食堂の、オー
ナーであり、唯一の従業員でもある筆者の、骨太なビジネス書です。

本文はこちらから ↓
http://www.jinzai-soshiki.com/book/post_185.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【2】Rosic特別セミナーのご案内

 ■タレントマネジメントシステム導入に失敗しないために■ 

【人事がシステム活用に成功して成果を出すために、知っておくべきこと】

 2017年2月15日(水)14:30~16:30 大阪・東梅田
 2017年2月16日(木)15:30~17:30 東京・四ツ谷

タレントマネジメントシステム」を導入したのに、成果が出ていないという
声を聞くようになりました。そうした失敗には、はっきりとした理由があり
ます。

「人材・タレントマネジメントシステム」導入の失敗を回避し、システムで
確実に成果を出すポイントとは?

他社での成功事例を交えながら、具体的に話をしていきます。

▼詳細はこちらから ↓
https://www.rosic.jp/event/2016/12/post_28.html (大阪)
https://www.rosic.jp/event/2016/12/post_29.html (東京)

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【3】Rosic体験セミナーのご案内

Rosic人材マネジメントシステムの操作性の良さを、
                    実際に体験してみませんか?

●<Rosic体験セミナー、毎月開催中>

 2017年2月24日(金)
  午後セッション 16:00~17:30

※ 定員になり次第、受付を終了致します。お早目にお申込ください。
※ お申込状況によって、日程を追加することもございます。

         *****

多くの企業で活用が進んでいる「Rosic人材マネジメントシステム」。
その使い勝手や活用イメージを実体験していただける体験セミナーを、
毎月を開催しています。

見るだけでは感じにくい、Rosic の操作性を体験したい、具体的な活用
イメージを持ちたい、とお考えの方は、ぜひご参加ください。

▼詳細はこちらから ↓
https://www.rosic.jp/event/2011/10/event02-01.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【4】「できること」の数ではなく、「できないときに、
                              何をどこまでできるのか」を知りたい


東京以外が拠点のため、東京の住まいは仮住まい。先日、本当に久しぶ
りに引っ越しをしました。

家族サイズではなかったからか、不動産会社の営業担当は、入社数年目
と思われる人でした。人当たりもよく、基本的なビジネスマナーもしっ
かりしていて、会社の教育ができているな、と感心していました。物件
の引き渡しの際にも、引っ越しの大変さをねぎらうような言葉をかけて
もらい、よい気分で引っ越しを終えました。

しかし入居後すぐに、入居前に受けていた説明とはまったくことなる事
態に見舞われることに。そのために、仕事の確認ができなかったり、遠
方に暮らす家族との連絡が不便になるなど、思った以上に影響を受けま
した。

そこで、引き渡し後に保守担当になった人に連絡したところ、そういう
件は営業担当に聞いてほしいとのこと。そこで、件の営業担当に連絡を
すると不在だったために、事情を説明して折り返し電話を欲しいとお願
いしました。しかし、一日経っても返信がありません。

次の日の朝に再度連絡を入れても、半日以上音沙汰なし。さすがに堪忍
袋の緒が切れて、彼の上司を呼びだしてもらいました。結局、そもそも
の説明がまったく違っていたとはわかり、次のアクションとして何をし
なくてはならないのか、その上司は数時間で調べてくれました。(結局、
その問題解決するまでには、その後1カ月近くかかったのですが。。。)

問題がないとき、調子がいいとき、人は相手にいくらでも良い顔をする
ことができます。でも、その人の本当の真価が問われるのは、問題が起
きたときだ、という当たり前のことを思い出さされる経験でした。彼が
失敗と向き合って、その解決に奔走したとしたら、私の彼に対する印象
は180度違っていたでしょう。今後、そうしたことに気がついてくれる
ことを祈るばかりです。


私はIT業界にいますが、ユーザーが製品やソリューションを選定する
際に、RFI(Request For Information)やRFP(Request For
Proposal)という形で、我々が先方の要望に対して何が提供できる
のか、できないのかを問われることが多くあります。そこでの可否は、
まず○×式で聞かれることが多く、○の数が選考に影響するといわれて
います。そうなると、自社の製品やソリューションを購入してほしい
ベンダーは、書面の上の○の数をできるだけ増やすことに腐心する
ことになっても不思議ではありません。

しかし、パッケージ型のサービス(=ある程度の定型を前提する世界)
の場合、対応する分野が各社の戦略(=独自性と変化を持つ世界)に関
わってくると、すり合わせなしに単に書かれた文章だけのやり取りで、
100%マッチングすることの方が奇跡に近いと思っていいでしょう。

戦略的な活用を目指すシステムを導入しようと思っているならば、でき
ないことがあり得ることを前提にする。そこで、できないことがあった
ときや、自分たちの考えていることとベンダーが考えていることが異な
ることがわかったときの具体的な対応力を、選考基準の上位に置く方が、
単に書面上の「できること」の数を数えるよりも、はるかに良いプロジェ
クトになると思うのです。が、残念ながら、なかなかそうした動きは見
られないようです。

働く一人の人として、人をアサインする立場の者として、顧客にサービ
スを提供する者として、「何ができるか」ばかりではなく、「できない」
「ダメだ」と思ったときに、どこまで何ができるか、という視点でも動
いてみたいと思います。

皆さんはどうお考えになるでしょうか。

バックナンバーはこちらから
http://www.jinzai-soshiki.com/essay/index.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【5】HRカンファレンス2016秋、「人事がシステム活用に成功して成果を
出すために、 知っておくべきこと」のレポートが掲載されました。

2016年11月に行った、HRカンファレンス2016秋での講演のレポートが、
HRカンファレンスの公式サイト、」に掲載されました。

セミナーにご参加頂けなかった方にも、読んでご理解頂ける内容に整理
されております。ぜひご一読下さい。

詳細はこちらから ↓
http://hr-conference.jp/report/r201611/report.php?sid=792

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

【6】弊社・大島が検討委員を務めた、
          『KAIKA Awards 2015』の受賞企業が決定しました。

一般社団法人日本能率協会(JMA)の設けている表彰制度「KAIKA Awards」
に、弊社社員の大島が検討委員として参加し、2016年11月29日に受賞発表
が行われました。

社会価値を生み出す持続的な経営・組織づくりを行っている取り組みを称え、
紹介するための表彰制度が「KAIKA Awards」です。
2017年はKAIKA大賞2社、KAIKA賞4社、特別賞3社、特選紹介事例3社の
受賞が決定しました。

詳細はこちらから ↓
http://kaika-management.com/awards/

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【7】「人事専門誌が評価する 人材コンサルティング会社ガイド100選」に、
 ~~~~~~~~~~~~~ITCが選出、インタビューが掲載されました。
           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
昨年に引き続き、日本人材ニュース社発行の、「人事専門誌が評価する 
人材コンサルティング会社ガイド100選」に、インフォテクノスコンサルティ
ングが選出されました。

人事システムでは1社のみの選出となっており、その選出の理由と合わせて、
弊社大島のインタビューが日本人材ニュース社のWebサイトに掲載されました。
是非ご一読ください。

▼詳細はこちらから ↓
https://www.rosic.jp/rosicnews/2016/09/90.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【8】『日本人材ニュース』vol.291 に弊社大島のコメントが掲載されました。

日本人材ニュース社が発行している『日本人材ニュース』vol.291(2016年10月
10日発行)で実施された「人事専門家に聞いた 2017年人事の最重要テーマ」で、
人事システムの視点から弊社・大島がコメントをしました。

従業員の多様化が様々な側面(価値観、労働時間、労働形態、国籍など)から急
速に進むなか、人事にはシステム面で何が求められるのかについて話しました。

詳細はこちらから ↓
http://jinzainews.net/articles/8liS5?page=6
(ページの中ほどにあります)

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【9】「月刊 人事マネジメント」連載コラム

  「失敗事例から学ぶタレントマネジメントシステム」 
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※ 「月刊 人事マネジメント」にて、当メールマガジン編集人・大島が
    連載した内容をダウンロードできます。(全6回)

人事分野でのシステム活用について、具体例を挙げてご説明しています。
是非、ご一読ください。

 <1> なぜ人事のIT活用はうまくいかないのか
 <2> そもそもなぜ「人材データ」の一元化ができていないのか
 <3> 案外知られていない,システム選びの落とし穴
 <4> なぜ人材データの「見える化」「活用」に失敗してしまうのか
 <5> 「古くて新しい問題」をどう扱うのか考える
 <6> 人事がビジネスに貢献するために、ITの力を使う

詳細はこちらから ↓
https://www.rosic.jp/failure/

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【10】小冊子 ダウンロード

『Rosic選択にみる タレントマネジメントシステム導入のヒント』のご案内

● タレントマネジメントシステムを導入し、成果をあげている企業と活
用しきれていない企業の違いとは?

大きな投資を失敗に終わらせないために、今、日本企業の人事が置かれて
いる状況や課題を明らかにし、日本企業に必要なシステムとは何なのか、
多くのシステムの中からRosic人材マネジメントシステムが選ばれ、なぜ
各社で成果を上げているのかを紐解きます。

是非、ご一読ください。

「Rosic選択にみる タレントマネジメントシステム導入のヒント」小冊子
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
https://rosic-jp.ssl-xserver.jp/contact/2014/06/contact08-ssl.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【11】弊社・Rosic「ロシック」人材マネジメントシステムがメディアに
                       取り上げられています。

*サントリー、人材情報ツールの活用で戦略的人材マネジメントを推進へ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
IT Media
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1311/27/news092.html

*「IHI 若手社員をタレントマネジメントシステムで育成」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
IHI株式会社様の導入事例が紹介されました。
ITpro 2013/6/6
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/JIREI/20130603/481710/

*「旭化成「タレントマネジメント」を導入 2万5000人の人材を戦略配置」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日本経済新聞 BPニュースセレクト (2012年7月18日)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK18024_Y2A710C1000000/

*「ヨドバシカメラ、カルビーが採用 「Rosic」の日本的人材管理とは」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
TechTargetジャパン (2012年7月11日)
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1207/11/news03.html


*日本コンベンションサービスが「Rosic人材マネジメントシステム」を採用。
従業員が活躍できる環境構築のための土台作りに取り組む。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ZDNet Japan (2014年1月28日)
http://japan.zdnet.com/release/30062650/

*「大量正社員化で長期雇用プラン 10%の時間を自律的な成長に割く」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「一人ひとりの顔が見える経営」を目指し、人事評価制度の整備に取り組ん
できたベイクルーズグループにおける、Rosicの活用が紹介されています。

「日経情報ストラテジー 10月号」 P60-63
成果出す業務革新の現場 タレントマネジメント
                  ベイクルーズ(衣料品の製造・販売)

*人材の戦略的活用に着手 データ活用の柔軟性と提案力を評価
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
UQコミュニケーションズ様の導入事例が紹介されました。
http://biz.bcnranking.jp/article/explanation/1210/121025_131448.html
*BCN(Business Computer News) 2012/10/25

*早期からタレントマネジメントに着手
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日本情報産業新聞(2014年3月3日号)の「この人を尋ねて」に
弊社代表・勝又のインタビューが掲載されました。
https://www.rosic.jp/rosicnews/2014/03/post-4.html

*なぜ日本企業ではタレントマネジメントシステムの
                   活用がうまくいかないのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ITmedia ビジネス オンラインに、弊社 セールス・マーケティング事業部長、
大島のインタビュー記事が掲載されました。
ITmedia ビジネス オンライン(2015年11月16日)
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1511/16/news002.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【12】小冊子『人事情報システム失敗の法則』ご案内

● どうして人事情報システムの導入に失敗してしまうのか?これまでの
事例をひも解いて、「人事システム導入に失敗しないためのヒント」をま
とめました。

> 既存の人事情報システムの入れ替えを考えている方
> 新しく人事情報システムの導入を考えている方

是非、ご一読ください。

「人事システム導入失敗の法則」小冊子
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
https://rosic-jp.ssl-xserver.jp/contact/2014/06/contact01-ssl.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【13】小冊子『人事担当者が知っておきたいIT基礎講座』のご案内


● この小冊子では、人事がシステムに投資した金額や投入した工数以上
の効果を得るために、またシステムに最大限に働き続けてもらうために、
最低限必要だと思われるIT関連の基礎知識をまとめました。

是非、ご一読ください。

「人事担当者が知っておきたいIT基礎講座」小冊子
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
https://rosic-jp.ssl-xserver.jp/contact/2014/06/contact02-ssl.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【14】編集後記 「左手」


思い立って、できる限り、普段の作業に左手を使ってみることにしました。
自分の左手が思った以上に不器用なことに、改めて驚きます。

ただ、しばらく続けてみて、新たな発見もありました。

まず、普段は無意識に行っていることでも、常に意識を使うことになるの
で、周りの雑音や、頭の中の雑念から逃れられること。

もう一つは、あまりにぎこちなかった動きが、一日一日少しづつではある
ものの、進歩しているという実感があること。

実際の作業を離れても、不思議と新人になったような気持ちになる感覚も
あって新鮮です。

仕事に支障が出たり、けがをしてしまっては仕方ありませんが、ちょっと
試してみると、新しい発見があるかもしれません。

時間と気持ちに少し余裕がある時にでも是非。

(大島)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行者】 インフォテクノスコンサルティング株式会社
 【会社URL】 http://www.itcc.co.jp
 【責任者】 斉藤 由美
 【E-MAIL】 info@itcc.co.jp
 
※メールマガジンのバックナンバーはこちらからお読み頂けます↓
https://www.rosic.jp/contact/backnumber.php

Copyright 2017 Infotecnosconsulting Co., LTD.  All rights reserved.