【自分の失敗や弱さに、痛みをもって向き合えるか】 人事をサポートするメールマガジン「適材適所は幸せの素」vol.150


【自分の失敗や弱さに、痛みをもって向き合えるか】
人事をサポートするメールマガジン「適材適所は幸せの素」vol.150
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━www.rosic.jp
インフォテクノスコンサルティング株式会社
VOL.150 2018年5月23日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『適材適所は幸せの素』は「人事が会社と従業員の成功に貢献する」
をサポートするメールマガジンです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お世話になっております。
インフォテクノスコンサルティング株式会社(ITC)の大島です。
メールマガジン『適材適所は幸せの素』第150回をお送りいたします。

◇◆INDEX◆◇ ―――――――――――――――――――――――――
【1】「人材・組織システム研究室」サイトニュース

<<HR Professionals>>
「インフラ、制度、意識を変革し、自社の『あるべき姿』を目指す」

コニカミノルタジャパン株式会社
取締役 経営企画部 本部長 鈴田 透氏

<<オススメの書籍>>
『ティール組織』
 フレデリック・ラルー・著

「職務経歴書もミッションステートもない?
                                    進化した組織のあり方を考える」
_________________________________
【2】Rosic特別セミナーのご案内 (東京・大阪開催)

<失敗事例・成功例から学ぶ>
          今、自社の人事にはどのようなシステムが必要なのか?                        
    
 ■ 東京 ■                
【日 時】 2018年6月7日(木)15:30~17:30  (開場:15:00)                        
【場 所】 インフォテクノスコンサルティング(株)(東京・四谷)                    
 
 ■ 大阪 ■                
【日 時】 2018年6月12日(火)14:30~16:30  (開場:14:00)                        
【場 所】 清和梅田ビル4階 セミナールーム  (大阪・東梅田)    
_________________________________
【3】「人事とIT」コラム 

※「人材データの一元化は想像しているよりハードルは高い、が、それを
  超えるだけの価値がある。」

※「何故『タレントマネジメントシステム』で成果を出せなかったのか?
              今、日本の人事が求めるべきシステムとは?

※「人材・タレントマネジメントシステムは、誰が使うシステムなのか。」

【4】自分の失敗や弱さに、痛みをもって向き合えるか

【5】日本人材ニュースvol.299 (特集:「HRテックの最新動向」)に
                         弊社・大島のインタビューが掲載されました。

【6】IT Search+に弊社・大島のインタビュー記事が掲載されました。

【7】Rosic人材マネジメントシステムの新機能
                    「Rosic Analyticsシリーズ」をリリースしました。
                        
【8】「月刊 人事マネジメント」連載コラム

   「失敗事例から学ぶタレントマネジメントシステム」   

【9】小冊子 ダウンロード

  『Rosic選択にみる 
               タレントマネジメントシステム導入のヒント』のご案内

【10】小冊子『人事システム導入失敗の法則』のご案内
 
【11】小冊子『人事担当者が知っておきたいIT基礎講座』のご案内

【12】編集後記 「一度起こしてしまったことを忘れてもらえない世界で」

―――――――――――――――――――――――――――― ◇◆◇◆
このメールは、弊社関連イベント・資料請求等に申込、もしくは弊社社員
と名刺交換していただいた方々にお送りしております。

ご不要の場合には、大変お手数で恐縮ですが、本メールの一番下の解除手
続のリンクをクリックしてください。

メールマガジンのバックナンバーはこちらからお読み頂けます ↓
http://www.rosic.jp/contact/backnumber.php

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【1】「人材・組織システム研究室」サイトニュース
http://www.jinzai-soshiki.com/
_________________________________
● <<HR Professionals  第24回>>

「インフラ、制度、意識を変革し、自社の『あるべき姿』を目指す」

コニカミノルタジャパン株式会社
取締役 経営企画部 本部長 鈴田 透氏

日本テレワーク協会主催の「テレワーク推進賞・テレワーク実践分門」での
奨励賞を受賞しているコニカミノルタジャパン株式会社。多くの企業に
先駆けて同社が働き方の変革に取り組み始めたのは2013年のことでした。

この動きを中心で担った経営企画本部長の鈴田透氏に、この変革のコンセプ
トや成果などについて伺いました。

本文はこちらから ↓
http://www.jinzai-soshiki.com/jinji/25_1.html
________________________________
●「オススメの書籍」:

『ティール組織』
 フレデリック・ラルー・著

「職務経歴書もミッションステートもない?進化した組織のあり方を考える」

人材育成や組織改革のコンサルタントとして10年以上の経験を積んできた著者
は、組織ピラミッドのトップを務めることがそれほど充実したものではないこ
とに気がついてしまったことから、現代の組織のあり方が限界に近づいてきて
いるのではないか、という強烈な問題意識を持つようになります。

そして、現在人材育成や組織改革のために取り入れられている様々な処方箋は、
実は、改善をしているどころか、状況を悪化させている可能性が高い、という
衝撃的な事実につきあたります。

少し、精神世界的なニュアンスを感じるところもあり、受け入れることに抵抗
を感じる人もいるかもしれませんが、今の組織に閉塞感を感じている方には、
一度こうした考え方に自分がどう反応するか、試してみる価値のある一冊だと
思います。

本文はこちらから ↓
http://www.jinzai-soshiki.com/book/post_191.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【2】Rosic特別セミナーのご案内
                        
サントリー、キヤノン、カルビー、本田技術研究所、清水建設、ニチレイなど
多くの企業で活用され、成果を上げているRosic人材マネジメントシステム。
その製造・販売・導入・活用支援を行ってきた経験を基に、今改めて考えたい
テーマで、セミナーを開催します。

<<失敗事例・成功例から学ぶ>>
              今、自社の人事にはどのようなシステムが必要なのか?                    
    
ここ最近、「タレントマネジメントシステムを導入したのに、成果が出ていな
い」という声を聞くようになりました。2011年頃から導入が進んだタレント
マネジメントシステムですが、6年ほどたった今、導入の成否が明らかに
なってきたということでしょう。

システム導入失敗は、決して偶然ではなく、そこにははっきりとした原因があ
ります。その点を理解しておけば、システム選びにつまずくリスクを大幅に減
らすことができます。

本セミナーでは、

・人事がビジネスに貢献していくためにはどんなシステムが必要なのか。
・システム選びに失敗しないためには、何をどう考えればいいのか。
・システム導入に成功した人事は、どのような取り組みをしているのか。

それぞれ具体的な内容とポイントを、多くの企業をご支援してきた実体験・
実例をもとに整理し、お話していきます。
______________________________________________________________________
■ 東京 ■                
【日 時】 2018年6月7日(木)15:30~17:30    (開場:15:00)                    
【場 所】 インフォテクノスコンサルティング(株)(東京・四谷)                    
 
 ■ 大阪 ■                
【日 時】 2018年6月12日(火)14:30~16:30  (開場:14:00)                        
【場 所】 清和梅田ビル4階 セミナールーム  (大阪・東梅田)    

【主な内容】  
◆何故、「タレントマネジメントシステム」導入に失敗してしまうのか?
◆戦略的な人事を支援するためのシステムに求めるべきこととは?
◆他社事例から学ぶ、今、人事に必要とされているシステムとは?
◆Rosic人材マネジメントシステムのご紹介

 ▼詳細・お申込みはこちら▼
  https://www.rosic.jp/event/
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【3】「人事とIT」コラム 

長年の人事システム活用支援から見えてきた様々なポイントを、まとめて
お話しています。是非、ご一読ください。

※「人材データの一元化は想像しているよりハードルは高い。が、それを
  超えるだけの価値がある。」
https://www.rosic.jp/qa/2018/03/post-20.html

※「何故『タレントマネジメントシステム』で成果を出せなかったのか?
              今、日本の人事が求めるべきシステムとは?
https://www.rosic.jp/qa/2018/03/post-24.html

※「人材・タレントマネジメントシステムは、誰が使うシステムなのか。」
https://www.rosic.jp/qa/2018/04/post-31.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【4】自分の失敗や弱さに、痛みをもって向き合えるか

今、気になっているスポーツ選手がいます。卓球の張本智和選手です。
中国から日本に帰化した元卓球選手の両親の元で卓球を始め、14歳のとき
歴代最年少で日本選手権の優勝を果たしました。

そんな張本選手が、先日の世界選手権の団体戦で、痛い敗戦を喫し、日本は
6年ぶりにメダルを逃してしまいました。

その後のインタビューで、悔しさを滲ませながらも「この悪い経験を良い経
験に変えていきたい」と言っていたのが印象的でした。

この張本選手、日本選手権に優勝する前に、世界で戦う中でその壁に阻まれ
て、同じように悔し泣きをし、弱点を克服するための努力を重ねて日本選手
権の優勝を獲得しています。今後に期待しています。

同じく14歳で華々しくデビューした藤井聡太七段。小さい頃、将棋の試合に
負けると悔しくて火がついたように号泣したと言われています。7、8歳の
頃、谷川九段と飛車角落ちで対戦する機会があった際、イベントで時間が限
られている中、詰むのに少し時間がかかりそうだったので、谷川九段から
「ここで引き分けにしよう」と提案されたことがあったそうです。その言葉
を聞いた瞬間、その場で将棋盤を抱え込んで離さず、号泣したとか。

彼らが凄いなと思うのは、これほど若い(小さい)頃から、「○○が悪かっ
たんだ」「×××じゃなかったらよかったのに」といった言い訳に逃げない
で、自分弱さや悪かったことと、痛みをもって向き合っていること。

自分のキャリアを振り返ってみても、華々しく見える成功よりも、手痛い失
敗、がけっぷちの苦境を経験したことが、結果的に血と肉になっています。
(張本選手や藤井七段のレベルとはかけ離れていますが。)

今年の初め、入社2年目の営業担当に、営業を受けました。自社の商品のこと
をよく勉強しているし、感じがよくて、そつもない。彼女と一緒に仕事をし
てみたいなと思わせてくれる担当者でした。しかし、いくつかの理由から、
彼女の会社には仕事をお願いしないことになりました。余計なお世話だとは思
いつつ、私が彼女を良いと思った点をすべて、同時にどうして最終的に選ばな
かったのかについて、率直に伝えました。悪くはなかったけれど、決定的に失
敗した点もあったのだということが分かることが、彼女の成長の糧になるだろ
うと思ったからです。これからもっと厳しい状況に直面することもあると思い
ますが、痛みをちゃんと乗り越えて、是非頑張ってほしいと願っています。

「ほめて育てる」ことの効用は確実にあると思います。厳しさがコントロール
を失って変質してしまうと、今話題になっているアメフトの事件のような悲劇
を生み出してしまうリスクがあるでしょう。

それを踏まえた上でも、自分がやってしまった失敗を、自分の責任としてある
がままに受け止め、悔しい思いや情けなさを味わった上で、それを乗り越えて
いくということを、若い人には是非逃げずに経験してほしい。上に立っている
人は、それを正しく経験できる場を提供してほしい。まだまだ初々しい新入社
員らしき人と見るたびに、そんなことを考えています。

バックナンバーはこちらから
http://www.jinzai-soshiki.com/essay/index.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【5】日本人材ニュースvol.299 (特集:「HRテックの最新動向」)に
             弊社・大島のインタビューが掲載されました。

日本人材ニュース社が発行している『日本人材ニュース』vol.299、
「HRテックの最新動向」にて、 弊社・大島が、長年人材マネジメントシ
ステムの現場に関わり続けている立場から、取材を受けました。

ぜひご一読下さい。

詳細はこちらから ↓
http://www.rosic.jp/rosicnews/2017/07/vol299-rosic-analytics.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【6】IT Search+に弊社・大島のインタビュー記事が掲載されました。

IT Search+(Powered by マイナビニュース)に、弊社・大島が、
「人材マネジメ ントシステム導入を成功するために知っておくべきポイ
ント」について語った記事が掲載されました。

長年人材マネジメントシステムの現場に関わり続けている立場から、
人材マネジメントシステム選定時に陥りがちな失敗や、それを避ける
ために注意すべきポイントがまとめられています。

是非、ご参考になさってください。

詳細はこちらから ↓
http://www.rosic.jp/rosicnews/2017/10/it-search.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【7】Rosic人材マネジメントシステムの新機能
           「Rosic Analyticsシリーズ」をリリースしました。
              
2017年9月、弊社で開発・販売・導入を行っている、人材管理システム・
Rosic人材マネジメントシステムの新機能、「Rosic Analyticsシリーズ」
の正式提供を開始しました。

「RosicAnalyticsシリーズ」は、多くの企業で活用されてきた既存の分析機
能の大幅な機能強化をし、新たな2つの分析・シミュレーション機能を加え
た、これまでにない人材データ分析・シミュレーションシステムです。

根拠の明確な分析・シミュレーションで、一段上の経営への貢献を支援して
まいります。

▼詳細はこちらから ↓
http://www.rosic.jp/rosicnews/2017/10/it-search.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【8】「月刊 人事マネジメント」連載コラム

  「失敗事例から学ぶタレントマネジメントシステム」 
    
※ 「月刊 人事マネジメント」にて、当メールマガジン編集人・大島が
    連載した内容をダウンロードできます。(全6回)

人事分野でのシステム活用について、具体例を挙げてご説明しています。
是非、ご一読ください。

 <1> なぜ人事のIT活用はうまくいかないのか
 <2> そもそもなぜ「人材データ」の一元化ができていないのか
 <3> 案外知られていない,システム選びの落とし穴
 <4> なぜ人材データの「見える化」「活用」に失敗してしまうのか
 <5> 「古くて新しい問題」をどう扱うのか考える
 <6> 人事がビジネスに貢献するために、ITの力を使う

詳細はこちらから ↓
http://www.rosic.jp/failure/

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【9】小冊子 ダウンロード

『Rosic選択にみる タレントマネジメントシステム導入のヒント』のご案内

● タレントマネジメントシステムを導入し、成果をあげている企業と活
用しきれていない企業の違いとは?

大きな投資を失敗に終わらせないために、今、日本企業の人事が置かれて
いる状況や課題を明らかにし、日本企業に必要なシステムとは何なのか、
多くのシステムの中からRosic人材マネジメントシステムが選ばれ、なぜ
各社で成果を上げているのかを紐解きます。

是非、ご一読ください。

「Rosic選択にみる タレントマネジメントシステム導入のヒント」小冊子
https://rosic-jp.ssl-xserver.jp/contact/2014/06/contact08-ssl.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【10】小冊子『人事情報システム失敗の法則』ご案内

● どうして人事情報システムの導入に失敗してしまうのか?これまでの
事例をひも解いて、「人事システム導入に失敗しないためのヒント」をま
とめました。

> 既存の人事情報システムの入れ替えを考えている方
> 新しく人事情報システムの導入を考えている方

是非、ご一読ください。

「人事システム導入失敗の法則」小冊子
https://rosic-jp.ssl-xserver.jp/contact/2014/06/contact01-ssl.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【11】小冊子『人事担当者が知っておきたいIT基礎講座』のご案内

● この小冊子では、人事がシステムに投資した金額や投入した工数以上
の効果を得るために、またシステムに最大限に働き続けてもらうために、
最低限必要だと思われるIT関連の基礎知識をまとめました。

是非、ご一読ください。

「人事担当者が知っておきたいIT基礎講座」小冊子
https://rosic-jp.ssl-xserver.jp/contact/2014/06/contact02-ssl.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
【12】編集後記 「一度起こしてしまったことを忘れてもらえない世界で」

エッセイでも少し書きましたが、今起きている大学アメフト界で起きた事件が、
いろいろな意味で衝撃的で、大きなショックを受けました。

加害者の選手の行った行為は許されるものではありませんし、結果的に罪に問
われるかもしれません。それでも、毅然と会見に出向いた彼は、事件を起こし
てしまった今の時点で、彼ができうるかぎりのことをしたと、私は思いました。
元監督を含めて、今回のことを他の人のせいにする発言をしないよう細心の注
意を払っていたことにも、誠意を感じました。

と言いながら、例えば、こうした彼が自分の仕事の仲間になったら、取引先に
いたら、どうだろうか、と考えました。目の前にいる生の彼を評価し、普通に
接し続けることができるのだろうか。総論はOK(きれいごと)、各論はNG
(本音)という態度にならないか。

インターネット上に流れてしまったこの事件は、いつまでも世界に張り巡らさ
れたネットワークの上に残り続けます。彼が何かをするたびに、誰かが検索を
して、そのことを掘り返すことでしょう。

忘れらることが難しくなった世界で、自分が犯した失敗に向き合って、相当の
償いをした人を、受け入れられる自分でありたいと思いました。

(大島)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【発行者】 インフォテクノスコンサルティング株式会社
 【会社URL】 http://www.itcc.co.jp 
 【責任者】 斉藤 由美
 【E-MAIL】 info@itcc.co.jp
 
※メールマガジンのバックナンバーはこちらからお読み頂けます↓
http://www.rosic.jp/contact/backnumber.php

Copyright 2018 Infotecnosconsulting Co., LTD.  All rights reserved.