Rosic特別セミナー



人事がタレントマネジメントシステム選びに失敗せず、
データ活用に成功するために知っておくべきポイント

日時:
 2019.10.16(水)14:30-16:30(開場 14:00)【終了】
場所:
 清和梅田ビル4階 セミナールーム
会社情報・地図

   ※10/17に同内容セミナーを東京でも開催します。
【 こんな悩みをお持ちの方は、是非ご参加ください 】

● タレントマネジメントシステムを導入したが、成果を出せていない
● システムを導入したいが、どのような観点から選ぶべきかわからない
● 『従業員のためのシステム』にしなさい、と言われるが・・・
● 実際に他社がどのような取り組みをしているか知りたい
● 包括的な人材データベースを構築したい
● 単なる「人事情報システム」を「人材マネジメントシステム」にしたい


********

タレントマネジメントシステムの導入が始まって10年近くが経とうとしています。
最近では、HR Tech、人事データの分析など、新しいトレンドを耳にすることも多くなっています。

人事が活用できるシステムの種類や範囲が広がっていることは好ましい一方で、その選択に迷い、残念ながら「失敗」と言わざるを得ない事例も増えてきています。

【"失敗"の声】
✓ 導入から半年経ったが、まだ使う目途が立っていない。
✓ 時間をかけてRFP(Request for Proposal)を作成して決定したのに、
  導入したシステムがうまく活用できない。
✓ 全従業員にIDを配布したが、ほとんどアクセスされていない。
✓ 「タレントマネジメントシステム」を導入したのに、
  「タレントマネジメント」が始まっているとは思えない。
✓ 結局、Excelでの資料作りは減っていない。
✓ 人事が経営に貢献できるようになったとは思えない。


本セミナーでは、今起きてしまっている失敗例から、そうした事態を引き起こしてしまう理由を整理し、システム選びで押さえておいてほしいポイントをお伝えします。

加えて、今後、多くの企業で必要とされる「人事データマネジメント」について、
ご説明していきます。
そのうえで、システム活用に成功している企業の共通点と、Rosic人材マネジメントシステムの成功活用例を具体的にご紹介します。

システムの導入を成功させたい方、自社の人事の質を上げていきたいと考えている方、是非ご参加ください。


【セミナー内容】

◆実際に、こんな失敗が起きている!
◆失敗を引き寄せる、見えない3つの「呪縛」
◆「呪縛」にからめとられないために心しておくべきこと
◆「失敗RFP」から学ぶ、間違えないシステム選び
◆これから必要とされている「人材データマネジメント」
◆成功している企業の共通点
◆ユーザー事例紹介



※今回のセミナーはシステムユーザー企業の「事業部の企画・人事・戦略・管理部門」
「経営企画部門」「人事部門」「情報システム部門」を対象にしております。
同業他社からのお申し込みはお断りしておりますので、ご了承ください。

※ 個人情報保護方針についてはこちらをご覧ください。

セミナー講師

大島写真_セミナー用.jpg 名前:大島 由起子
会社名:インフォテクノスコンサルティング株式会社
役職:セールス・マーケティング事業部 事業部長
プロフィール:
早稲田大学大学院修了・モナッシュ大学大学院修了。大学卒業後、株式会社リクルートに入社。
人事部採用担当、経営企画室、「就職ジャーナル」編集部を経て、フリーランスの編集者及びライターとして独立。
その後渡豪、モナッシュ大学大学院修了後、Hewlett-Packard Australia LtdのAsia Pacific Contract Centreにて、アジア地域の契約業務に携わる。HPとコンパックの合併時に、日本における契約システム統合のリーダーを務めた。
2004年よりITCに参加。人事情報システムの企画・導入に関わり、人材マネジメントにおけるIT活用推進のサポートを行う。
著書:『破壊と創造の人事』(楠田祐・共著) ディスカヴァー・トゥエンティワン

セミナー詳細

日時: 2019.10.16(水)14:30-16:30(開場 14:00)
場所: 大阪府大阪市北区曽根崎2-12-7清和梅田ビル4階 セミナールーム

参加費:無料
主催: インフォテクノスコンサルティング株式会社/株式会社T4C