活用例

本部・部門人事支援

課題:明確な目的と意図を持って社員の配置・育成を行いたい
社員の育成計画・キャリアプラン策定、異動・配置、組織編成時おいての最重要ポイントは、現状の「ヒト」と「組織」の状態をより正確に分析し、把握することです。各組織やチームを構成する要員の、キャリアや資格を確認し、業務遂行時に必要となる能力やスキルとのギャップを認識する。このプロセスにより、配置や育成に関する適切な対策を講じることが可能になります。

求められる施策 - Step by Step -

  • Step1 「ヒト」と「組織」の現状把握
  • Step2 効果的な異動・配置・組織編成
  • Step3 計画的な育成・配置

Step1 「ヒト」と「組織」の現状把握

正確なデータに基づく、人材と組織の情報がない

意図・目的を伴う配置・育成計画立案のためには、正確な現状把握がキーポイント。対象者や組織に関する情報量に偏りがあると、勘と経験に頼った属人的な施策に陥ってしまう。
Rosicのソリューション
    • 「組織」の過去と現在の見える化
    • 各種基本分析機能を活用した組織の全体像分析
    • 人材マップで、従業員の配置状況を確認
    • Rosic「ロシック」要員管理・分析モジュールの人員構成・構成比較分析による属性別組織要員把握
    • 組織情報をエクセル出力し、詳細確認

ページTOP

Step2 効果的な異動・配置・組織編成

検討時にすぐに
データが取り出せない

意思決定の場となる検討会議中、リアルタイムで豊富な人材情報を簡単に照会したい。

組織編成に伴う複雑な
業務プロセスに対応できない

異動・配置・組織編成決定後に生じる、様々な業務やデータ移行に工数がかかりすぎる。
Rosicのソリューション

ページTOP

Step3 計画的な育成・配置

自社独自のキャリアプランと育成・配置計画を立てたい

会社にとって必要なキャリアや教育研修が明確でないため、計画的な育成・配置へと結びつけることができない。
Rosicのソリューション

ページTOP

課題解決の効果 目的と意図をもった、社員の配置・育成を実現
Rosic人材マネジメントシステムの基本パッケージ機能での管理・分析・シミュレーション機能に加え、要員管理・分析モジュールや、Rosic-FFS組織編成・分析システムを活用していくことで、「ヒト」と「組織」に関する情報正確に把握し、計画的かつ効果的な育成・配置・組織編成を行っていくことが可能です。そのことによって、目的と意図に合った「適材適所」「人材開発」「採用」を実現することができます。

よくある課題その1へ

「Rosic人材マネジメントシステムシリーズ 活用術」の資料請求はこちらから
資料請求はこちら