活用例

現場マネジメント支援

課題:「目標管理」「人事考課」をシステム化し、現場マネジメントに活かしたい
Web人事ワークフローを活用した目標管理・人事考課プロセスと、メインの人事データベースとの連携により、人事業務プロセスと人材情報を統合的に管理、活用できる環境が整います。
これらのツールを使って、リアルタイムに取得した情報を集積・モニタリングすることにより、現場マネジメントの質の向上を図ることができます。

求められる施策 - Step by Step -

  • Step1 システム化による共通の基盤設定
  • Step2 期中のモニタリングとサポート
  • Step3 PDCAサイクルの継続的な実行

Step1 システム化による共通の基盤設定

紙と人手に頼っており、評価者・被評価者双方の負荷が高い

意図・目的を伴う配置・育成計画立案のためには、正確な現状把握がキーポイント。対象者や組織に関する情報量に偏りがあると、勘と経験に頼った属人的な施策に陥ってしまう。
Rosicのソリューション

ページTOP

Step2 期中のモニタリングとサポート

紙の目標シートでは、
目標管理や評価の進捗状況を把握するのが難しい

各メンバーの進捗や、部門全体としての状況を把握することが難しく、適切なサポートや助言を与えられない。
Rosicのソリューション

ページTOP

Step3 PDCAサイクルの継続的な実行

評価結果のデータ集計、分析に多大な時間を要する

評価の結果集計や調整を手作業で行っており、制度やマネジメント体制の改善につながるような分析にまで手が回らない。
Rosicのソリューション
    • 自動計算・自動マスタ移行機能
      「スピーディーなフィードバック」
    • 各種自動計算機能(カスタマイズ)
    • 自動マスタ移行機能
    • 分析~確認~改善
      「フィードバックの質向上」
    • 各種分析機能を活用(標準パッケージ・Rosic人事分析モジュール)

ページTOP

課題解決の効果 目標管理・人事考課制度を現場マネジメントに活かす
Webシステム化により目標管理や人事考課のプロセスが可視化されれば、これまで不透明だった進捗状況が明らかになります。紙ベースでは把握できなかった組織全体の状況も、正確にモニタリングできます。また、結果の集計や分析がタイムリーにできるので、メンバーへのフィードバックに十分な時間をかけられます。これら業務のスピード化に伴い、評価結果に対する個々のメンバーの納得性も高まり、より高いレベルのマネジメントが実現します。

よくある課題その1へ

「Rosic人材マネジメントシステムシリーズ 活用術」の資料請求はこちらから
資料請求はこちら