Rosic ストーリー

Rosic人材マネジメントシステムが誕生、
活用されるようになるまで

ただし、そうはいっても、既存の人事・給与システムでは、高度な人事業務に対応できないという不満を持つ人事に関わる人たちは確実にいました。そういう方々は、Rosicという存在に早くから興味を持ってくださり、実際の不満や悩み、期待といった情報をいただくことができました。そうした経験を通じて、「日本の人材マネジメントに必要なパッケージソリューションとはどういうものなのか」を、「こうあるべき」という概念だけではなく、地に足のついた形で吸収していくことができました。

その後、リーマンショックの直前の「ミニバブル」のような時期に、「良い人が採れない」「良い人から辞めていってしまう」という悩みを持つ企業が増えてきました。そうした課題を解決しようと考えたとき、本当に必要なデータが一元化されてない、保持しているデータが活用しずらいということに、気がついた企業が一気に増えてきました。Rosic人材マネジメントシステムは、この頃から、そうした企業を中心に多数ご導入いただき、活用されるようになっていきました。

更にリーマンショック後は、多くの企業が正社員を潤沢に増やしていく前に、今いる人材でどれだけの生産性を上げることができるのか、真剣に考えるようになってきました。そこで、本当に必要なデータが一元化されてない、保持しているデータが活用しずらいということを痛感する企業が増え、Rosic人材マネジメントシステムが選ばれるようになりました。それが、2010年頃のことです。

その頃、ちょうど、日本でも「タレントマネジメント」という言葉が一般的に使われるようになり、外国製の「タレントマネジメントシステム」が日本にマーケティング攻勢をかけるようになってきました。日本企業のグローバル化への危機感が大きくなった時期とも重なりました。こうした複合的な理由から、日本企業が「タレントマネジメントシステム」を導入する、という動きが加速していきました。そうした流れの中で、Rosic人材マネジメントシステムも、「タレントマネジメントシステム」として、導入する企業が更に増えていきました。

ただし、Rosicは、自らのことを敢えて「タレントマネジメントシステム」とは名乗っていません。もちろん、人材マネジメントの重要な要素としての「タレントマネジメント」はしっかりご支援しています。そこでの実績も出しています。しかし、まだまだ、日本企業にとって「タレントマネジメント」とは何かが不確定な中、言葉が独り歩きして、本来支援すべき方向を見失わないために、「人材マネジメントシステム」として、更なる成長を目指しています。

Rosicとは?

インフォテクノスコンサルティングが独自に開発したミドルウエアであり、企業戦略に役立つビジネスアプリケーションの基盤です。(Resource Optimization System for Innovation and Change)

Rosic人材マネジメントシステムは、このようなインフラ上で開発されたシステムです。開発環境であるミドルウエアを基盤とすることで「パッケージソフト」+「モジュールオプション」+「カスタマイズ」をシームレスにつなぎます。

「拡張性が高く、各社のニーズに常にフィットするシステム」を実現できる理由がここにあります。
詳細はRosicとは?のページヘ