最新コラム『RFPの落とし穴。時間と工数をかけたにも関わらず、システム選定に失敗するのは何故か?』を掲載しました。

  • 2018.07.09

    Rosicサイトの【コラム-人事とIT】に新しいコラムを掲載しました。

    RFPの作成からプレゼンテーションの開催、システム選定と、多くの時間と工数をかけて、決定したシステムのはずなのに、
    当初期待したような使い勝手ではなく、効果が出せていない、というケースを耳にすることが少なくありません。

    これまで見てきた様々な失敗例を整理していくと、以下の3つの共通点が見えてきました。

    「担当者全員」の「望み」をかなえようとする。

    「公平」であろうとしすぎる。

    ベンダーが「できない」と言いづらいRFPになっている。

    それぞれについて何が問題なのか、また失敗を回避するためにはどうしたらいいのか、
    多数の人材マネジメントシステムの導入・活用を支援してきた経験に基づいて、具体的に解説していきます。

    人材・タレントマネジメントシステム導入をご検討されている方は、
    是非ご一読ください。

    ◆最新コラム◆
    RFPの落とし穴。時間と工数をかけたにも関わらず、システム選定に失敗するのは何故か?