コラム『 システム投資効果に大きな差を生む今、人事に求められる「人材データマネジメント」の考え方』を掲載しました。

  • 2019.09.25

    Rosicサイトの【コラム-人事とIT】に新しいコラムを掲載しました。

    自社の人事戦略・経営に資するレベルでデータを活用するために必要なサイクルを、 「人材データマネジメント」と捉えて、その必要性と、具体的に成功していくための
    ポイントを解説しています。

    狭義の「データ活用」にだけ焦点が当たってしまう構造

    「一元化などできて当たり前」と考える前に、
     理解しておくべき求められる「人材データ」の特徴


    与えられたテンプレートだけでは、
     自社にとって有効なデータ活用はしきれない


    「データを活用する」ためには、人材・組織マネジメントに必要なデータの特徴を理解しておく必要があります。 そして、そのデータの活用の本質を理解したうえで、有効に行う必要があります。

    人事に関わる人が「落とし穴」に落ちないよう、多数の人材マネジメントシステムの
    導入・活用を支援してきた経験に基づいて、具体的に解説していきます。

    人材・タレントマネジメントシステム導入をご検討されている方、
    システムを導入したにもかかわらず、有効なデータ活用が出来ていないと感じている方は、是非ご一読ください。

    ◆コラム◆
    システム投資効果に大きな差を生む今、人事に求められる『人材データマネジメント』の考え方


Rosic導入企業のご紹介

インフォテクノスコンサルティング 社長メッセージ ~Rosic企画/開発におけるこだわり~